こんにちは。相田ゆうです。

 

最近の気候の変動の激しさで

相変わらず、疲れやすいし、全身あちこち痛みが出ます。

きのう、その痛さをなんとかしたく

マッサージと整体の合わせ技、

みたいなことをしているところで施術を受けました。

 

 

そして、今朝はすごくすごく眠くて

実は起きたのが11:00。もはや昼ですね(笑)

最近、朝起きた時点で、首・肩・頭が痛かったのが

今日の目覚めでは、だいぶ軽減していました。

 

その整体院で、施術してくださる方に

「この前、転んでお尻を打っちゃって、

 内出血した跡があるんです。

 まだあざが消えていないので、

 そこだけ配慮をお願いします。」

と伝え

「わかりました」

って答えてくれたのに

けっこう、ぐいぐい押されました(笑)

ひょっとして、そのほうが早く吸収されるのか???

お尻のあざは、恥ずかしいので、

自分だけでこっそり経過観察しようと思います(笑)

 

 

 

 

さてさて、今日は「人は鏡」について

他人の気になるところは、自分にもあるよ

ってことを、書いてみようと思います。

 

このテーマは、過去に何度も書いていますが

緊急事態宣言が解けた今、

“ストレスが解放されるというストレス”

を受けてる私たち。

 

まわりの声から、なんとなく

他人のことをいろいろ言いたくなりやすい

のかな?って思ったので、書いてみますね。

 

 

 

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

「こんな人っているよね。

 私はそんなの嫌だから絶対しないわ。」

 

「こういう人って、何度言っても自分事って認識しないのよね。

 だから一向に変わらないのよ。

 私はそういうことしないようにしたい。」

 

などなど、

他人の言動、行動で、気に障ることって、ありますよね。

 

 

そして、その気に障る部分って、言ってるご本人が

よくやっていることだったりします。

 

 

たとえば

 

「上から目線で話す人のことは、

 信用できないし、そういう人とは友達にならない。」

と言っている人ほど、普段、

“上から目線で”言葉を発しているなあって思うし

 

「一つの基準で物事を決めつけないでほしい。」

と言っている人は、

その方自身の持っている基準で、

他人を判断しているように思います。

 

 

それが良いとか悪いとかではなく♪

 

「鏡の法則」と言って、自分が持っているものを

他人を通して気づく、絶好のチャンスです。

気に障ることがあるとしたら

それの何が気に障るのか、ちょっと深く探求してみる。

そしてそれが自分にもあるんだって気づいてみる。

認めたくないことも多々あるかと思います。

気づくだけでOK、直そうとしなくて大丈夫。

(直そうとする、っていうことは、それがあるのはダメって

 自分のことを否定することになるから。)

 

「そういう部分が自分にもあるんだ」って受け入れる。

それだけで、ご自身が見ている世界が変化します。

 

 

 

 

私の場合は、自分の正しさを押し付けてしまう部分があります。

そういう人に出会うと、

とてもイライラしたり、悲しくなったりしていました。

 

「なんで、言われる立場のことを考えた言葉で伝えないのかしら?」

「それはあなたの勝手な解釈で、押し付けてるだけでしょ。」

みたいな感じで。

 

他人の気に障る部分が、自分にもあるんだ。

そう、気づくだけで、変化が起きます。

私の場合は、

「私も、自分の正しさを押し付けてるんだ」

って気づいたら、不思議と、その人と会う機会がなくなりました。

 

 

 

逆に、自分の中にないものは

他人を見ても「ひっかかる」ということが起きません。

 

気に障るってことは

自分自身の許せない部分である、ということなので

認めるには、「そんなはずない」って抵抗が起きたり、

「そんな自分は嫌だ!」と、苦痛を伴うかもしれません。

でも、それにバツを付けてるのはご自身だけ。

他の人は、意外と気にしていません。

 

もっというと、

気に障るだけでなく、

憧れる部分も、ご自身の中にすでに持っています。

 

 

「あの人、こんなところが素敵。

 私もあんな風になれたらいいな」

と思ったら、その憧れの要素は

すでにご自身の中にあります。

 

もしくは

「あの人、こんなにちやほやされちゃって。

 自分でできなくて恥ずかしくないのかしら?」

って思ったとしたら、もしかしたら、

ちやほやされてるその人が「うらやましい」のであって

ご自身がちやほやされたいのかもしれません。

 

 

 

 

 

皆さんは最近、(家族も含めた)自分以外の他人に対し

あれは嫌だ

こんなところがうらやましい、

など

気になったことはありませんでしたか?

 

もし思い当たることがあれば

それは、もしかしたら、ご自身の中にあるものを

見せてくれているだけかもしれません。

その人の何が嫌なのか、

その人のどんなところに憧れるのか

ご自身の中にある同じ要素って、何でしょう?

 

ある、と気づくだけで大丈夫。

直そうとしたり、排除しようとしなくて大丈夫。

それも、実はご自身を構成する大切な要素のひとつです。

 

気づいて、ただ「ある」って受け入れてあげる。

 

嫌なところを受け入れるのは、勇気が要るかもしれません。

いきなりできなくて大丈夫なので

よかったら

「そういうことがあるんだな」って

ちょっと頭の片隅に入れることから

始めてみてくださいね♪

 

あるって認められると、

目の前の世界がちょっとだけ変化しますよ♪

 

他人が気づかせてくれる、ご自身の宝物になると思います☆

 

 

 

ちなみに。

先日、お茶するために入ったチェーンのカフェ。

ご年配の男性が二人、私の隣の席でコーヒーを飲みながら談話していました。

「まだコロナ終わってないんだから、

 もうちょっとみんな、外出を我慢しろよって言いたくなるよなあ。」

「本当だよなあ。みんなすぐ外出たがるんだからなあ。

 もうちょっと家で我慢すれば、広がらずに済むのになあ。」

ちなみに、その場所、カフェです。

もちろんそのお話ししているご年配男性2人も

外出しているから、そのカフェにいるわけです(笑)

 

思わず、心の中でクスっとしましたw

 

 

 

 

 

 

 

こう思うと、人って

自分のことって、なかなかわからないもので

でも他人のことはいろいろ気になっちゃって

何とも不器用で、でも素直で、頑張り屋さんで

かわいいなって、思えてきませんか?(^^)

 

 

 

 

 

今日も、お読みくださりありがとうございます★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文責:相田ゆう

 

 

 

 

 

—————————————————————————–

 

ここぷらでは、毎週水曜日に、公式LINEでメルマガを発行しています(たまに遅れますw)。

ブログとはまた異なるメンバーが交代で発信しています(^^)

私もメンバーの一人です。

よかったら、下記QRコードを読み取って、ご登録くださいませ♪

※スマホ、タブレットからご覧の方は、URLをタップしてください♪

https://lin.ee/9PqOCEP

 

——————————————————————————-

 

予定していたイベントについては、

現在、感染症防止のため見合わせ中です。

今後の詳細は決定次第、お知らせいたします。

🔵オープンカウンセリングについてのページはこちらから

 

——————————————————————————–

 

 

↓その他お問い合わせ、ご相談はこちらから↓