今日はとっても身体がだるい。

雨だから気圧のせいかもしれないし

自粛明けの日本の空気感が

無理をしている感じがしているのかもしれない。

そんな感じで、今日はお昼過ぎまでゴロゴロとお布団の上で

眠ったりボーっとしながらすごしていました。

 

 

 

こんにちは。相田ゆうです。

 

そんな今も、

「頭痛いなー」と、ボーっとしながら、

水分摂りつつ、この記事を書いていきます。

 

 

私は先週まで短期のお仕事があったのですが

契約期間が終了したので

今週はお休み期間にしようと決めています。

その短期のお仕事では

今までやったことのないことを体験させていただき

決して多くはないけれど、収入につながり

他にもいろいろと、得たものがあり

ありがたい期間となりました。

 

コロナの影響で、

ベースとしていたお仕事がお休みになったことが

その短期のお仕事をするきっかけ。

そんなことでもなければ

きっとこのお仕事やこの業界は

一生、経験しないままだったろうと思います。

 

とはいえ。きれいごとばかりでなく、

いろいろと葛藤したりモヤモヤも起きて

ほぼ毎日、友達に話を聞いてもらっていました。

聞いてくれた友達にも感謝です。

 

 

 

 

 

そして、ようやく本題です(笑)

昨日、私に起こった出来事を、シェアしようと思います。

 

 

昨日は街の飲食店の営業が復活し

歩く人も多くなっていました。

 

私は、昨日からお休みなので

同じく休日だった友達と

軽くお茶をしに行きました。

 

(画像はイメージです)

 

そこは屋内だったのですが、テラス席もあって、

テラス席から窓が解放されていて

屋内でも、とても気持ちの良い風が入ってきました。

そこでコーヒーを飲んで

「こんなふうに、

 外でお茶ができるって、すごく幸せだな」

って思いました。

 

友達と話していて、久しぶりに会うからなのか

もしくは、コロナ対策に対する街の空気感が持つものの影響なのか

なぜか私は緊張していました。

緊張していることにすら気づいていなくて

「ゆうちゃん、もっと自信を持っていいんじゃない?

 なんか、さっきから目が泳いでるよ」

って、友達に言われました(笑)

 

そこで、自分の中で面白い反応が起こったんですよ。

(え?自信ついてきたと思っていたのに、

 いままたそんな風に言われなきゃならないの?)

↑なぞの抵抗です(笑)

 

(これまで、自信を持ちたくて

 いろいろなことにチャレンジしてきた。

 ちょっとずつ変わってきたのに、

 いままたこんな風に言われたってことは

 まだまだ、だめなのかな…?)

 

↑ 友達は決してこんなこと言ってない。

ただ「もっと自信を持っていいよ」って、

単なるアドバイスなんですけど

自分の中では、これまでの自分を否定されたような気持が起きていました。

実際にはそういうことは言ってない、って頭でわかっていながら、です。

 

で。

「ゆうちゃん、いま楽しい?」

って聞かれて、「わからない」って答えたんです。

そしたら

「楽しいか、楽しくないか、それだけだよ。

 わからないって答えが返ってくると思わなかったよ(笑)」

と。

 

ああ、それで良かったのか。

 

たぶん、私の中で、こんな思考が起きていたんです。

(自信がなさそうに見えるんだろうな。

 そんな自分いやだな。

 自信がないように見えるときに

 「楽しい?」って聞いてきたってことは

 楽しそうに見えないってことかも。

 だとしたら、今私は楽しいって思ってるけど、

 そういうことを聞きたいんじゃないのかもしれないし

 でも楽しくないことはないし、、、

 どう答えていいのかわからない。

 私、もしかして楽しんでないのかもしれない。

 やっぱり、わからない。。。)

 

こんなややこしい思考の結果

「わからない」

が出てきたのでした。

それも、自分の中でこんなふうに

はっきりと言語化されてない状態。

実際はもっとカオスな感じのままなので

「わからない」という答えが出る理由も

その時の自分には、やはり「わからない」んです。

 

 

こんなやり取りがあったことで

「ああ、なんか、質問のその奥に何があるのか、

 探るのが当たり前になっちゃってたな。

 今の自分の気持ちを聞けていなかったな。」

って、気づいたんです。

 

そして、このところずっと

自分の素直な気持ちを表現したい

って思っていたし、

いま、そこに向かうタイミグがちゃんときてる!

 

そう、思った瞬間に、涙が出てきました。

感極まるような感覚と、同時に怖さも存在していました。

望んでいたことが叶うかもしれない、

それは喜ばしいこと。

そして、なぜかそうなっていくのが怖くもある。

 

その友達は

「できるようになりたいって思っていたことが

 できるようになる、って楽しいことだよ。」

って言っていて。

それも確かにその通り。

でも、その時の自分の中には

確かに、怖い気持ちがある。

 

 

これは、私の特徴かもしれないんですが

「本当に望んでいた、でも無理かもしれない」

って思ってることって、たぶんたくさん持ってるんです。

で、その望みの本気度が高いほど

自分の思考ではなく、

もっともっと深いところからくるものだから

思考(あたま)で処理しきれずに

涙が出たり、怖さもあったりする、と思うんです。

(そうじゃない方も、もちろんいると思います。)

 

抵抗が起きたり

怒ったり

被害的な意識が生まれたり

そうやって、反応が大きければ大きいほど

その人の中にあるホンモノの気持ちにつながっていること

なんじゃないかなって、思うんです。

 

本当に欲しいものが手に入るっていうのは

ずっと憧れてきたけど

いろいろな言い訳をして

「できないかもしれない」

って思ってきた。

 

できないかもしれない

は、同時に

できるかもしれない

の可能性を持つ。

 

 

ということは、

それが本当に手に入るかもしれないとき。

やってみて、もし仮にダメだったとしたら

手に入らなかった、

ということを、認めざるを得なくなる。

そんな恐怖が、頭で理解するスピードを超えて

やってきているんじゃないかなと。

 

 

なんでこんなことを思うのかというと。

私の知人にも、複数いるんです。

本当に欲しいこと、やりたいこと、手に入れたいことを

叶えていく人の中に

その前の段階で「恐れ」が起きて

その怖さと向き合ったり

怖さを抱えながらも、やるって決める。

 

そんな知人が、たくさんいます。

 

そして、その怖い気持ちがあるけれど

その先へ行くっていう決断をして

本当に望んでいたことを手に入れていく。

 

 

そんな過程を踏んでいるロールモデルがたくさんいるので

いま、こうして怖い気持ちが起きているのは

きっと大丈夫な証拠、って思うんです。

 

 

そんなことを、その一緒にお茶していた友達にわかってもらいたい!

という気持ちも生まれたりして、

だから面倒な反応が自分の中に起きたんですけど(笑)

でも、それはそれで自然発生的なものなので

自分が大事にしてあげようと思います。

 

そんな、自分の気づきにつながるきっかけをくれた

友達に、感謝しています。

 

 

読んでくださっている方の中にも

もしかしたら

「あ、それわかる!!!」

っていう方もいらっしゃるかもしれないし

「ふーん、そういう人もいるんだなあ」

って思う方、はたまた

「なんのこっちゃ、わからんがな」

っていう方も、

いろんな方がいらっしゃると思います。

 

 

あなたは、どんな感想を持ちましたか?

あなたの中で、どんなことが起きていますか?

ぜひ、ご自身の中に起きる反応を、聞いてあげてみてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

では。

そんな今も、相田は相変わらず

頭が痛いし、身体はだるいので

水分摂りながら

またお布団でゴロゴロして過ごそうと思います。

お読みくださり、ありがとうございます(^^)

 

 

 

文責:相田ゆう

 

 

 

—————————————————————————–

 

ここぷらでは、毎週水曜日に、公式LINEでメルマガを発行しています(たまに遅れますw)。

またブログとは違うメンバーが交代で発信しています(^^)

よかったら、下記QRコードを読み取って、ご登録くださいませ♪

※スマホ、タブレットからご覧の方は、URLをタップしてください♪

https://lin.ee/9PqOCEP

 

——————————————————————————-

 

予定していたイベントについては、

現在、感染症防止のため見合わせ中です。

今後の詳細は決定次第、お知らせいたします。

🔵オープンカウンセリングについてのページはこちらから

 

——————————————————————————–

 

 

↓その他お問い合わせ、ご相談はこちらから↓