こんにちは、火曜日ブログ担当
相田ゆうです。

 

やってみて初めてわかること

ということと

やるまでに怖くて踏み出せない場合の対処法

について書いてみようと思います。

 

 

 

※お菓子作りは私が苦手意識があって、まだ挑戦していない分野です。

 

 

まずは、

やってみて初めてわかること

 

なんかもうこれは私にとって年がら年中、起きることなんですが。

簡単そうに見えたことが

やってみたら実はとても大変なことだとわかったり。

怖いと思って踏み出していなかったけど、

やってみたら意外と大丈夫だったとか。

やっぱり体験しないとわからないことって山ほどあります。

 

例えば、やってみたことがなくて、

簡単そうに思えることってあると思うんです。

自分がやったこともないのに

すでにやっている誰かに対して

「こうしたらもっと、うまくいくのに」

なんて、他人に対して大きなお世話を思ったりする。

 

実際に自分がやってみると、すごく大変で

「うわー、簡単そうとかケチつけてました!ごめんなさい!」

と思って、恥ずかしくて穴に入りたい気持ちに。

 

簡単そうと思ったのは、

そのやっている人が実はとても上手だったり

困難さを見せない工夫をしていたり

すごく慣れていて、経験の多さから生まれていたものだったりする。

 

また、わかったつもり・できたつもり、

になっていることって

本当にたくさんあるんだなあと、つくづく思います。

何かの拍子に、

わかっていたつもりのことがわかってなかったことに気づいたり

できてると思いこんでいたことができてなかったんだと気づいたりすると

「え、自分てこんなこともできなかったの?」

って、私の場合はけっこうショックを受けます。

 

(「え、どんだけ自分がすごい奴だと思ってたん?」

 というツッコミが、もし入ったら

 もう、「本当にごめんなさい」と謝るしかありません(笑))

 

その時は恥ずかしかったりショックを受けて

本当に隠れたいような気持になるんですけど

もちろん、仮に隠れたとしても意味はありませんw

 

でも、この経験があると、良いことがあるんです。

 

ひとつは

やったことのないことをやった証拠

だということ。

これまでと同じことをしていたら

おそらくこの恥ずかしさやショックは起きません。

だって、わかっていることをしているから。

 

「わかっていると思っていたけど、実はわかっていなかった。」

というのは、

それまで入ったことのない領域に踏み込んだから起きること。

チャレンジしている証拠、とか

成長したい気持ちの結果、だと言えます。

 

(「自分で言うな」っていうツッコミは受け付けませんw)

 

 

もう一つは

できる人のすごさに気づいて

尊敬する気持ちが生まれる。

 

恥ずかしいとか隠れたいとかって思うのは、

自分がダメだと思っているとき。

できない、のは事実だとしても、

できない自分はダメ、ということではありません。

ダメだと決めつけているのは自分自身です。

 

私もショックを受けるとき、恥ずかしくて隠れたいとき、

自分はダメだ、と思いがちですw

そうじゃないっていうのは、頭では知ってるんですけど、

捉え方の癖ですね。

 

でも、だんだんと落ち着いてくると

できるようになりたい、と向上心に変わったり

できなくても、それはそれでいい、と思えたり。

その気持ちになれたとき

すごく素敵な機会をいただけたなあ、と思えるんです。

 

簡単だと思っていたことが難しいとわかったら

それができる人ってすごいな、って、心から思えるんです。

チャレンジしてできない自分に出会うと、

いままでわからなかった、その人のすごさがわかり、

その人を尊敬する自分になれるんです。

 

それに気づいた時の清々しい気持ちは

もう、やみつきレベルです(笑)

「人間やっていて良かった! 人ってなんて素晴らしいんだ!」

と、どこの青春ドラマかっていうくらい、

恥ずかしくて隠れたい気持ちだったときの何十倍も、

自分を生きていると感じられます(私の場合)。

 

そう感じられなきゃいけない、ということではなく

そういうふうにとらえることもできるよ、っていうことと

全部自分にとってプラスの出来事になるよ、って話です。

 

こんな「できてる風」なことを書いているにも関わらず

やはりそういう出来事が起こるたびに

「うわー!恥ずかしいー!!!」と、

全身の血液がどっちに流れていいかわからないかのような、

どうしようもない混乱の気持ちが起きます(笑)

 

 

 

 

ここまで、やってみて初めてわかること、についてでした。

 

 

 

 

 

そして、

やるまでに怖くて踏み出せない場合の対処法

について書いてみます。

 

「やってみることができるまでが大変なのよ」

「やってみる、こと自体が怖いのよ」

ということ、ありますよね。

 

やったことがないから、怖くて踏み込めない。

私はそんな気持ちになること、しょっちゅうあります。

めちゃくちゃ怖がりです。

 

この前、コインランドリーのことを書きましたが (こちらの記事を参照

実はコインランドリーに行く、というのも、

それまで自分自身は未体験でした。

なんとなく行ったことがないところへ行くって、勇気が要ります。

別に洗濯機に食われるわけじゃないのはわかっているのです。

体験したことがないだけなのに

なぜか自分が入っていい領域ではないような

そんな感覚が生まれるんですよね。

あの、自分で勝手に制限を作っちゃう感覚ってなんなのか、とても不思議です(笑)

 

もし、気になるけど怖くて踏み出せないときは

その怖さを解消する情報がないか、探してみることがオススメです。

私は「古いコインランドリーは、

狭くて知らない人がすぐ近くにいる緊張する空間」

と思い込んでいました。

でも、何かの雑誌で過去に見た、

オシャレなコインランドリーがどこかにあるのをぼんやりと思い出して

「地名+コインランドリー+おしゃれ」でネット検索したら

このまえ行った店舗が出てきました。

 

もし、怖いな、と思うとしたら、何が怖いのかな、と考えてみる。

もし、それが体験できる場所があって、受付や問い合わせ窓口があれば

「興味はあるんですけど、やったことがないので不安なんです」

「こんなことが不安で。私でも行って大丈夫ですか?」

と聞いてみてもいいかもしれません。

 

 

 

ちなみに私は、以前体力をつけようと、

パーソナルトレーニングに行っていた時期がありました。

でも、もともと運動音痴で体力もそんなにないので、

身体を動かすことが苦手でコンプレックスを持っていました。

だから、ジムなんかに行って、

周りの人の目が気になったらきっと通えないし

パーソナルでも、スパルタなトレーナーだったら心が折れそう、、、

とは言っても、わざわざ遠くまで行くのは通わなくなりそう。。。

 

※たいして動いてないのに、すぐにへばりそうで恥ずかしかったのです。

 

などと、不安要素が自分ではっきりしたので

「地名+個別指導+運動未経験」

みたいな感じで検索し、ヒットしたところに問い合わせました。

 

「体力がなくて、運動もぜんぜん経験がなくて、

 とても不安なんです。

 運動経験がなくても良いとのことですが

 本当に大丈夫でしょうか?」

(↑ホームページに未経験者歓迎と書いてあっても、なお不安。)

 

小学校では跳び箱から落ちたり、

スケットボールが顔面に降ってきたり

走るとすぐお腹が痛くて歩いちゃうタイプだったので

そのコンプレックスはもうお伝えしておいたほうが安心。

 

問い合わせの返事は「もちろん大丈夫ですよ」。

その後、そこに結局、半年近く通いました。

もともと体質的に筋肉がつきにくいタイプとのことで

筋力アップはしなかったのですが

歩いていても姿勢が整いやすくなったり

足の動きが軽く感じられるようになりました。

 

トレーニングジムって

マッチョ目指してる人じゃなくても行っていいんだなあ、と

ジムに通ってる人からしたら当たり前なことですが

それが自分で初めてわかりましたw

 

 

 

 

体験してみることは自分にとって新たなギフトをもたらしてくれます。

体験したいけど怖くて踏み込めない、ときには

ハードルを下げる方法をさがします。

その方法の一つが、不安要素が何かを見つけたり

同じような不安を持っていた人がいないか

あるいはそのような不安を解消するすべは何か探してみる。

 

同じような不安をもっていた人が

「やってみたら案外大丈夫だったよ」

と言ってくれたら、ひとつの勇気になります。

「これがあったら不安が解消されそう」

というのがわかれば、そのキーワードを入れて検索したり

「やってみたいけど、こんな点が不安だから、

 それを気にせずに体験できるところを探してるんだ。

 もし知っていたら教えて。」

と声をかけておくこともできます。

 

あなたが最近、やってみてわかったこと、気づいたことはありましたか?

もし、やってみたいけど怖くて踏み込めないことがあるとしたら、どんなことですか?

その怖さ、どんなことに不安を感じていますか?

その不安を解消するために、どんなものがあったら良さそうですか?

 

今日もお読みくださりありがとうございます。

 

文責:相田ゆう

 

 

 

ここぷらは、ストレスチェックテスト導入から、導入後の活用までお手伝いしております。

 

お申し込みはこちら

 

■ここぷらカウンセラーへのご相談はこちらから♪

 

ご案内中のイベント