こんにちは。

火曜担当の菊乃です。

 

 

先日、大阪でここぷらの説明会を実施し、

代表のいたに、理事の佐藤、大阪支部長の丸本が担当させていただき、私も同席させていただきました。

お時間を作ってお越し下さった皆様、ありがとうございました。

これを読んで「説明会開いてほしい」と思われたら、ぜひお問い合わせください(^^)

 

<お問い合わせ先>

お申し込みはこちら

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

さて、そんな大阪で、私が当たり前と思っていたことが

当たり前でなかったことに気づいた出来事がありました。

 

 

エスカレーターに乗るとき、左側に乗りそうになったのです。

なんてベタな(笑)

 

 

そんな私も過去に

東京の駅でたまに右側に乗って

歩かずに止まっている人がいると

 

「関西の方なのかな?

普段地元では右側かもしれないけど、

こんなに人がいっぱいいて

みんな左側に乗っているのに、

なぜ気づかないんだろう?」

 

と不思議でした。

 

ところが、いざ自分が反対の立場になったら

周りに人がいようがいまいが、

慣れている動作をしてしまいがちなのだとわかりました。

 

(もちろん、普段の生活圏と関係なく

麻痺などあって、右側でないと(あるいは左側でないと)

安全にベルトにつかまれない方もいらっしゃるかと思います。)

 

エスカレーターも現在は

両側とも止まって乗ることを推奨されています。

ですが、その推奨にもまだ慣れず、急いでいるとき、

関東ではついつい右側を歩いてしまいます。

 

 

大阪でエスカレーターの乗る側を間違えたのは

わかりやすい例ですが

 

実は私は最近、様々な場面で

 

「当たり前だと思い込んでいる出来事が、

当たり前でなかったことに気づく」

 

という出来事に遭遇します。

 

 

 

当たり前だと思っていることって、

その思い込み自体に気づいていません。

 

気づかないままでも生きていけますが

気づいた時の驚きと、世界が広がる感覚は

なんともエキサイティングです。

私の場合は、

衝撃を受けたり

言い訳したくなったり

とても申し訳ない気持ちになることもよくあります。

そして、

自分の見識の狭さに気づいて、もっと成長しようと思えます。

 

もちろん、抵抗が起きてスムーズに受け入れられない時もあります。

でも、気づいた時には世界が広がるチャンスがある。

そんなことをしみじみと感じます。

 

 

「当たり前だと思っていたこと」に気づく。

やってみたいな、と思われたら、こんな風にしてみるのもいいかもしれません。

 

 

ひとつは、まだ出会ったことのない分野の人に出会うこと。

 

・生活圏の違う人

・自分が興味を持ったこともない趣味を持っている人

・普段接しない年齢の人(年上の方、年下の方)

・違う国の人の生活を調べる

・外国暮らしをしていた人に話を聞いてみる

 

などなど。

自分の生活とは違う生活を送っている人と話してみると

「そんなのあり?」

と思うことがあるかもしれません。

 

 

とはいえ、そんな人とどこで知り合ったらいいのか、

今の自分自身では探しにくいかもしれません。

そんなときは

これまで接したことのある人や団体、その他、電車やお店で

「あの人なんだろう?」

と不思議に思う瞬間。

これは、自分の当たり前に気づくチャンスです。

 

「あの人、不思議!なんだろう?」

そう思ったら「不思議」と思ったポイントを探してみます。

そのポイントは、なぜ「不思議」なのでしょうか?

 

不思議、と思うのは、日頃「そうではない何か」を

当たり前と思っているから。

 

 

例えば。

私が大阪で見かけて衝撃を受けた光景。

なんと、歯磨きしながら自転車をこぐ人がいたんです。

 

もしその光景を知っている人なら

「うん、あるよね。別に驚かなくても。」

と思うかもしれません。

 

でも、私にとっては、初めて見る光景でした。

「え?歯ブラシくわえて自転車こいでる!」

 

転んだら喉に刺さるんじゃないか。

そもそもどこでうがいするんだろう?

両手はハンドル持ってるから、全然磨けてないんじゃない?

赤信号でもくわえたままだったような?

 

もう、疑問しか出てきません(笑)

 

 

ところが、大阪に住む丸本によると

「まあ、大阪はそういうのが許される街なんやろな。

 東京でもいるやろ?」

と笑顔で平静なんです。

 

歯みがきしながら自転車に乗っている人、

東京にいるかどうかわからないのですが、

少なくとも今まで見たことがありません。

 

私の中で

歯磨きは、水回りのある場所の近くでするもの

という思い込みがありました。

 

しかもそれを移動しながら行う、なんて

頭の中のどこにもなかったのです。

 

(自転車に乗りながら歯みがきをするのが

良いかどうか、は脇に置きます。)

 

みなさんが、最近不思議に思ったことはありますか?

それはどうして不思議なのでしょう?

不思議と思うからには、

それ以外の「当たり前」があるからかもしれません。

 

頭の体操に「当たり前の枠を外してみる」ということをしてみるのも楽しいですよ♪

不思議な光景に出会ったら、それはチャンス。

 

 

よかったら、安全な範囲でチャレンジしてみてくださいね(^^)

 

 

 

 

お申し込みはこちら

 

 

■ここぷらカウンセラーへのご相談はこちらから♪

 

■2020年 開校決定! 婚活アカデミーランコントル 松木学長の投稿はこちらから☆

 

ご案内中のイベント