こんにちは。菊乃です。

“自分だけのお守り” について書いてみようと思います。

みなさん、自分だけのお守りって、なにかお持ちですか?

 

といっても、画像のような、神社で買う御守りやおみくじ、のことではありません。

自分が望む状態にしてくれるアイテムのことです。

もし、いま得たいと思っている感情・感覚が得られていなければ

あなただけの “お守り” を用意してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は最近、結婚にともない、引越しをしました。

現在、ちょっと天然気味な夫との

ネタの豊富なやり取りが繰り広げられる生活を楽しんでいます。

 

 

そして同時に、「環境の変化はストレスになる」んですよね。

そうだと知っていても、疲れやすかったりイライラする自分が出るたびに

「ああ、そうそう、環境の変化はストレスになるんだったよね。」と思い出します。

 

ストレスからの反応が出ると「そうなるもの」とわかっていても最初はしばらく焦ります。

少し安心や落ち着く感覚が欲しいなと思いました。

 

結果的に、ある”自分だけのお守り” により、安心や落ち着きの感覚を得られて、”自分自身”を取り戻せたような気持ちがしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分だけのお守り、とは

自分にとって「なくても困らないけど、あるとより良いもの」です。

プライベート、お仕事、その他各場面において

 

・安心する

・気が引き締まる

・やる気が出る

・リラックスできる

 

など、欲しい感覚を得るために役立つもの。

自分自身で「これがあれば大丈夫」、と思えるものです。

 

 

 

 

 

 

例えば、ライナスの毛布、がそれです。

日本でも人気の犬のキャラクター、スヌーピーの話に出てくる「ライナス」という男の子がいます。

彼はいつもお気に入りの毛布を持っています。

https://www.snoopy.co.jp/friends/linus/

(↑スヌーピーの公式サイト、ライナスのページです。)

 

 

心理学ではこういった

「愛着あるもの」や「お気に入りのもの」を

「安心毛布」というそうです。

特に幼少期に、お気に入りの毛布を持ち歩く子がいることからついたそうです。

 

ライナスはこの毛布を持ち歩くことで、安心を得ています。

彼にとってこの毛布は大事なお守りですね(^^)

 

私の妹は、幼い頃、どこに行くにも決まって

白い犬のぬいぐるみを持ち歩いていました。

(スヌーピーではなかったと思います。)

当時の彼女にとっての「安心毛布」だったんですね。

 

子供の頃は素直に必要なものを持ち歩いていても、大人になったらその必要性を後回しにしたり、気づいても持ち歩くのを躊躇してしまうかもしれません。

でも、私たちそれぞれのお守り「安心毛布=あると安心するもの」があるなら、持っていたらいいですよね(^^)

 

ライナスは毛布を引きずっていますが、大人なら薄手のブランケットをカバンに入れて持ち歩くこともできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、引越しによるストレスを感じていた私に

安心をもたらしてくれた”お守り”は

着慣れていて、気に入っている服、でした。

 

 

 

 

安心が欲しい、落ち着きたい!何がいいかな?

と思って、何気なくクローゼットを開けて

パッと目に入った組み合わせを着たんです。

 

 

自分の好きな服を着たら、とても安心し

家の掃除や片付けが捗り、頭の中の混乱状態がちょっとだけ落ち着いてきました(^^)

 

 

 

 

付けまつ毛が「付けるタイプの魔法」なら

(きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」より)

 

自分らしさを感じられる服は “着るタイプのお守り” です♪

クローゼットやタンスの中にひとつ

“着るタイプのお守り” があると、

さっと着られて便利です。

 

お守りになるお洋服がちょっとずつ増えていったら、

欲しい感情を得るための選択肢が増えます。

 

ポケットを叩くとビスケットは増えますが(童謡「ふしぎなポケットより)

あいにく、クローゼットを叩いてもお洋服は増えませんので

もし「新しくしたいけど、何を選んだらいいかわからない」

というようであれば、ご相談ください(^^)

 

 

また、服以外で、私がこれまで人から聞いた”お守り”は、こんな例がありました。

 

・ご家族の写真をお財布に入れて、たまに眺める。

・ペットの写真をスマホの待受画面にしている。

・受験の時は、必ずふわふわのハンカチを左手(その方の非利き手)に握る。

・会社のロッカーで、扉の裏側に大好きなアイドルの写真を貼っている。

・通勤電車では大好きな声優さんの話す声の録音を聴いている。

・「元気が出る靴」がある。

・首元は他の人から見られない方が安心するので、季節を問わずストールやマフラーを使っている。

・仕事に集中したいときのためのマグカップがある。

・契約の交渉の際には、受注できるよう必ず赤い下着を身につける。

 

 

 

そして、やっぱりお洋服でしっくりくるものが欲しい、と思ったらご連絡ください。

着るもの、であれば、特に手に持ったり荷物が増えなくても、すでに身につけているので、日常動作ができます。

 

 

中でも、今回取り上げた服は「毎日必ず着る」もの。

服を着ない日はないですよね。

(中には休日は家で裸で過ごす方もいるかもしれませんが。)

 

ご自身のアイデンティティと一致していて

「自分らしさが良く表現できて素敵」と思えて

ご自身が心地よく感じられるもの

そういう服を着ていると

それだけで血液循環が良くなり、肌の調子が整います♪

 

循環が良くなるということは

内臓の動きも良くなりますし

脳の働きも活発になります。

 

 

 

「”こころの相談”するほどじゃないし

 かといって何もしないのは嫌だし。」

という方にご利用いただけるかと思います。

 

 

 

たかが服、されど服。

毎日着ている服がきっかけになって

自分自身の心身の調子が良くなっていくとしたら

ちょっと、試してみたくなりませんか?(^^)

 

 

 

まずはぜひ、おうちのクローゼットを見て、「お守り」があればそれを着てみてください♪

 

もし、お手持ちの服でしっくりくるものがなく、お店に行ってもご自身で何を選んだらよいのかわからない場合には、ご連絡ください。

 

 

 

お読みくださりありがとうございます♪

 

菊乃

 

 

 

お申し込みはこちら

■ここぷらカウンセラーへのご相談はこちらから♪

 

■2020年 開校決定! 婚活専門学校ランコントル 松木学長の投稿はこちらから☆

 

ご案内中のイベント