こんにちは、菊乃です。

今日は平成最後の日。

試しにやってみる について書いてみようと思います。

 

週末、茨城県にある、ひたち海浜公園に行ってきました。

ネモフィラという青いお花がたくさん植えられていて

それがこの時期ピークになるんです。

 

一面に広がる青いお花。

私は何かを観察する時、つい妄想ゲームや連想ゲームをするんです♪

「どんな風に見えるかな?」

を、これまで自分が見聞きしてきた情報と照らし合わせて

ファンタジー要素を盛り込みます。

 

 

まず、ちょっと離れたところから見てみると・・・

お花畑の中に通路があって、たくさん人が歩いています。

遠くから見ると、空の青と、一面のお花の青と

2つの青色が繋がって見えて

人が空中散歩をしているように見えました。

(天空の城ラピュタの世界にありそう!)

と思いながら、ラピュタは空に浮かぶ島であることを思い出します(笑)

 

後ろの方から

「パレードみたい」とか

「大名行列だ」という声もありました。

人それぞれ、連想するものが異なるのも面白いですね♪

 

 

 

また、近づいていって、よく見てみると

一つ一つのお花が、同じ”青”でも

ちょっとずつ違う色味になっていたり

 

中には白いお花が混ざっていたり。

ネモフィラ畑の中に、

自然に生えてきたホトケノザのピンク色が見えたり。

 

遠くで見えるネモフィラ畑と、近くで見るネモフィラの一つ一つは

それぞれ違う発見がありました。

 

 

 

 

 

 

 

ここで、ネモフィラ畑を何か

ご自身の ”やったことのないこと” に置き換えてみてください。

・人がやっていて、ちょっと気になること

・流行りのもので「あんなの何が楽しいんだろう?」って思うこと

ありませんか?

 

 

そしてそれを勝手に

「つまらなさそう」

「興味ないし」

「自分にはほど遠い存在・・・」

なんて、ジャッジしていませんか?

 

 

 

やったことがないのに。

 

 

 

 

近づいてみて、やってみたら、

気づかなかった発見があるかもしれません。

・遠くから見る = 傍観する

・ちょっと近づいてみる = 距離の変化

・その中に入る = やってみる

 

自分のいる位置を変えてみると

違うことに気付けるかもしれません。

 

 

ネモフィラ畑一面の、優しいブルーの中にある

白いネモフィラや、ホトケノザ、ブルーのニュアンスの多様さが

皆さんの、気になること、興味ないと思っていたことの中に

混ざっているかもしれません。

 

 

やってみて「やっぱり興味なかった」と思ったら、

それはそれでOKです(^^)

 

「やったことないけどつまらなさそう」と

「やってみたけど、やっぱり興味を持てなかった」では、

結果的に同じような感想だとしても

その感想の質は全く意味が変わります。

 

 

それに、面白い“宝物”が、

もしかしたら眠っているかもしれません。

 

ちなみに、ネモフィラ畑の中の通路までたどり着いて

やって来た方向を振り返ると、菜の花畑もありました♪

 

 

空の青、木々の濃い緑、茅葺き屋根の枯れた草の色、

菜の花の黄色と、その茎の黄緑色。

鯉のぼりの色もまたアクセントになって

こんな美しい景色が眺められました♪

 

 

「興味ないし」は、実は気になる気持ちの裏返し

なんていうことも、よく起こり得ます♪

 

「気になること」があったら

安全なのであれば

「試しにやってみる」ことをオススメします(^^)

 

 

 

あなたの「気になっていること」はなんですか?♪

 

「気になってること、あるけど、一人じゃ怖くて踏み込めない」

「そんなこと言ったって、勇気が出ないよ」

そんな風に思われたら、よろしければここぷらにご相談ください♪

一緒に、望む結果を得られるために、できることを見つけることができるかもしれません(^^)

 

 

お読みくださり、ありがとうございます。

 

文責:菊乃

 

お申し込みはこちら

 

 

ご案内中のイベント