こんにちは。

今日はこんな考え方をご紹介します。

 

"他人の気になる部分は、

 自分の中にもある"

 

 

私が心理学を学んだ時に知りました。

 

 

 

 

他人の行動や口癖など、

つい気になってしまうことありませんか?

 

そんな時は

自分も無意識に、同じことをやっている可能性がある。

 

そんな考え方です。

 

 

 

例えば、こんな感じ。

 

「あの人いつも怒ってるな」

「〇〇さんは、また遅刻してる!」

「あの人のああいうところが好きじゃないな」

 

 

自分以外の人の行動や言動が

つい気になってしまうとき

それは、自分もやっていること、かもしれません。

 

「あの人いつも怒ってるな」と思ったら

自分がよく怒っているのかもしれません。

 

「〇〇さんは、また遅刻してる!」と思ったら

もしかしたら自分が他の場面で遅刻をしているのかもしれません。

 

「あの人のああいうところ好きじゃないな」の

“ああいうところ”は、自分も持っているのかもしれません。

 

 

 

「そんなはずはない!」

 

 

という声も聞こえてくる気がします(笑)

 

 

 

私自身、自分で思い当たることがたくさんあります。

自分で書きながら、誰かに言われているようで

耳が痛いです(笑)

 

そして「自分にもある」とわかると

私は毎回、ちょっと不思議なことが起こります。

 

 

私が日常生活で周囲を観察していても

やはり誰かが誰かに"気になること”って、

気になる本人も、無意識に同じことをしているなあ

と感じることがあります。

 

そして、それを認められなかったり許せないから

他人の同じ行動に反応する。

 

 

 

他人の行動や言動が気になる時は 

「もしかしたら、自分もやっているかも。」

そんな風に考え方をシフトしてみると、ご自身の中で何が起こるか。

自分を観察してみるのも

面白いですよ♪

 

 

 

 

よかったら、試してみてくださいね♪

 

 

 

読んでくださり、ありがとうございます(^^)

 

 

 

菊乃