こんにちは。だんだん良い季節になってきましたが、皆様におかれましては健やかにお過ごしでしょうか?

 

 

…え? なんとなくだるい?

そうですよね。季節は3月の半ば、そろそろ卒業、入学、就職、退職、異動など、社会的なイベントが目白押しの季節になりますよね。

 

自分がイベントの中心にいなくても、周りがそわそわしていれば、気持ちが落ち着かなくなることもあるでしょう。 年度末は何かと忙しなくなるもの。

 

◇◆◇

 

 

その上、春は「木の芽時」といって、季節が大きく動いていく時期。 寒暖の差も激しくなりますし、安定しない気候によって気圧の変化や湿度の変化なども著しくなります。

これも人間の体にとってはストレスになります。

 

人間は、自律神経という神経によって体を調整しているのですが、変動が激しすぎてそれが追いつかなくなってしまうことがあるのです。 体の調整もできなくなれば、心の調整もできなくなります。

なんとなくモヤモヤしている、嫌な気持ちになっちゃう、落ち込んでしまうなどの不調が現れやすくなる季節でもあるのです。

 

◇◆◇

 

心にも体にも、実は厳しい季節、それが春。

いろんなストレスが重なって疲れる季節です。

 

では、どうやってそのストレスを解消していきましょうか?

体のリズムを調整することを、外からも手助けしてあげればいいのですから、例えば、

 

◯夜、ぬるいお風呂にゆったり入る

というのは有効だと思います。体に「これから体を緩めて、寝る支度をするんだよ」とおしらせしてあげるのです。

 

◯寝る前にハーブティーを飲む なんていうのもいいと思います。

良い香りに気持ちを和らげて、ゆったりした気持ちで眠ることができるかもしれません。

 

◯早寝早起きを実践してみる

これも体にリズムを教えてあげる方法です。

最初は「早く寝る時間がないよ!」と思うものなのですが、最初だけ頑張れば、早く起きた朝にはご褒美みたいな「自分だけの時間」ができますよ。

 

◯仕事を出来るだけ家庭に持ち込まない。

 オンとオフをはっきりさせることで体のリズムを整えていこうとしているので、オンタイムにやることはオンタイムで終わらせて、家では仕事のことは極力忘れましょう。

 

◇◆◇

 

もしも自助努力でどうにもならない心と体の不調になってしまったら、まずはお医者さんに診てもらいましょう。

季節の不調だと思っていたものに、大変な病気が含まれていないかチェックするのです。

 

お医者さんには「大丈夫」と言われるけど、自分の不調は治らない…そんなこともよくあります。 その時には、ぜひ、ここぷらにお話ししてくださいね。  

 

文責 ながあめ るな

 

ご案内中のイベント